SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

クリエイターからクリエイティブへのステップ

時代はプロジェクションマッピングへ
失敗
0

    どうもトゥボックです

     

    ブログとかSNSとかは成功した話や自慢話なんかを書いたり載せたりってのが一般的なのですが、今回は失敗話を書きたいと思います

     

    VJをやり始めた頃から話せば数え切れないほどの失敗はあります

     

    単純にうまくいかなかった失敗

     

    機材不備で想定していたパフォーマンスが出来なかった失敗

     

    準備不足でドタバタしてクオリティを上げられなかった失敗

     

    クライアントと練り上げた結果を出せずに不成立な結果を出してしまった失敗

     

     

    色々ありますが、今回は一番下の不成立な結果を出してしまった失敗の話です

     

     

    仕事として演出をやらせていただくようになって正直失敗は激減していました

    なぜならアーティストというよりもエンジニアとして上を目指すのではなく安定してこなすことに力を入れてきたからです

    簡単に言うと失敗を無くす努力です

     

    華やかな結果は多くありませんが、評価された結果、仕事の幅も広くなりサイズの大きい演出も任せていただけるようになりました

     

    一人ではやりきれない、または複数人で行うことでこなせるサイズの仕事も増えて自分以外のエンジニアを起用することも増えてきました そんな中でも大きなトラブルも無く乗り越えてきたのですが、ついに失敗をしてしまうことになりました

     

    信頼していた仲間に演出業務を任せての大失敗

    クライアントからは決して難しい事は求められておらずこちらのやりやすい環境を可能な限り提供してくれた中での話です

     

    原因は、マシントラブルだと説明を受けていますが決してそれだけを理由にできる内容ではありません

    段取りの問題、準備不足の問題、体調管理の問題

    なにもかもが原因だといえます

     

    エンジニアが全て悪いといってしまえばそれまでですが

    私を信頼して紹介してくれた知人

    私を信頼して頼ってくれたクライアント

    そして長い時間を掛けて作りこんできた関係者の方々

     

    たくさんの方々が思いをこめた時間の結果が出せなかった事に私の責任もあると感じています

     

    クライアントの残念な気持ちやがっかりした気持ちは痛いほど分かります

     

    私自身が技術面に手を出せない環境にしてしまったことを悔やんでいます

     

    本当に申し訳ないことをしてしまった この一言に尽きます・・・

     

     

    | - | 04:13 | comments(0) | - | - | - |
    感謝の日々
    0

      お久しぶりです

       

      どうも、トゥボックです

       

      去年ぶりですかね〜

       

      しばらくブログを書けなかったというよりも、書かなかった理由は、落ち着いてしまったというのでしょうか・・・

       

      独立して起業して間もなく10年が経とうとしているのですが

       

      起業当初の目的は達成してしまったというか

       

      意外なほど自分が目指していたモノがハードルの低いモノだったのかなと考えさせられている感じです

       

      クリエイターとして実現したかったカタチ

       

      起業をする事で得たかった自由な時間、収入

       

      自分の作った場所で働く従業員

       

      まだまだ小さいのかもしれませんが、満足してしまった気がしています

       

       

      不思議な感覚です

       

       

      忙しいからこそ、休日や連休にワクワクできるわけです

       

      お金が無いから、収入にトキメクわけです

       

      時間が無いから、時間を作る努力をするのです

       

      認められたいから、アイデアを具現化するためにクリエイターを続けるわけです

       

       

      すごく 大事な事だったのだと実感しています

       

      そして、一人では出来なかった結果なのも実感して感謝の日々です

      | - | 04:10 | comments(0) | - | - | - |
      ターニングな時
      0

        どうも トゥボックです

         

         

        およそ一年前、大変お世話になった箱が閉店して

         

        その箱は買い取られ新しい経営者へと引き継がれ

         

        幸いなことにその後も取引を継続させていただいてる

         

         

        新しい経営者になり運営会社が変わり

         

        約一年が過ぎようとしている

         

         

        この一年間は、感謝だけしか言葉がない

         

        全く違う時間を経験させていただいている

         

         

        以前とは違い、近いようで遠い関係になってしまったが

         

        一年前のような寂しい経験はしたくない

         

        何とか起死回生を期待している

        | - | 05:45 | comments(0) | - | - | - |
        どーもーー
        0

          トゥボックです

           

           

          さてさて、ここ数か月照明機材含め多数の機材を購入しておりました

           

          LED照明など灯体を30体

          大型プロジェクター5台

          演出用高出力レーザー2台

          LEDビジョン

           

          など 猛烈な勢いで海外から到着いたしました

           

          そもそも自分の環境でどこまで可能なのか実験目的だったのですが可能性が広がった瞬間に次から次へと購入しておりました

          数年前からレギュラーでやらせて頂いている箱もあるので実践で試せるのは恵まれた環境です 関係者皆様に感謝いたします
          今年度は随分ノンキなものです
          一年前とは比べ物にならないほど自由に過ごせる時間が増えました
          引き受けてしまえば忙しくなってしまうかもしれませんが 欲張らずにゆっくりとブラッシュアップに勤しんでおります
          照明機材を買う理由の中に仕事の大半が映像仕事ではなく照明仕事であるというのもあります
          トゥボックが映像屋さんだと知っている人は今は少ないようです(笑)
          さて、愛用しているResolumeArenaも間もなく6が登場です
          Beta版をさっそく触りましたが、4→5へのバージョンアップとは全く別の進化です
          4は VJ要素とメディアサーバーとして特にWindowsユーザーへ唯一無二の存在でした
          5は DMX出力の追加とマッピング機能の強化そしてVJシステムの軽量化が数段階アップしていました
          そして6は モーショングラフィックスの自動生成とGUIの大幅なパワーアップなどなど
          正直言うと玄人寄りに進化した印象です
          元々誰でも扱えるカジュアルなソフトウェアではないのですが、さらに遠くへ行ってしまった感じです
          4で映像演出の可能性に気が付いて5で照明演出を理解してきた人には
          6の高機能性は楽しい時間を感じさせてくれることだと思います
          | - | 00:54 | comments(0) | - | - | - |
          もう何年もたつ
          0

            こんばんわ

             

            VJトゥボックです

             

             

            私がVJをやり始めたきっかけは 盟友ジンブラ氏との出会いなのだが

             

            その時に聞いてみろと言われて聞いた中でも

             

            特に今でも聞いているアーティストは

             

            ダフトパンク

             

            ケミカルブラザース

             

            アンダーワールド

             

            このアーティストは何年経ってもクラブで聞こえてくる曲です

             

             

            一時期、ジンブラ氏とユニットを組んでステージに立ったこともありますが

             

            活躍する事は数える程度しかなくお互い違う道へと進むことになってしまいました

             

             

            私は性懲りもなく現場で活動をしていますが

             

            まだまだジンブラ氏には追い付けていない気がしてならないものです

             

             

            私の憧れているアーティストで

             

            ダフトパンクを挙げさせていただきましたが

             

            数年前に素顔でメディアの前に公式な形で現れたそうです

             

            ロボットコスチュームに身を包んで一切素顔を晒さないという

             

            スタイルが特徴だったのでびっくりしました

             

             

            大きな衝撃とかっこよさを感じたのを覚えています

             

             

            正体を晒さない

             

            でも、存在感のある存在

             

            そんなアーティストを目指して私、頑張っております

            | - | 04:27 | comments(0) | - | - | - |
            お久しぶりです
            0

              約三年ぶりの投稿でしょうか

               

              お久しぶりです トゥボックです

               

              ここ数年色々ありまして、ずいぶんと環境の変化がありました

               

              以前と比べると時間も作れるようになりました

               

              わが社のスタッフも入れ代わり立ち代わりで定着するスタッフも少なく

               

              自分で現場に立つことが増えました(笑)

               

              業務として映像演出を続けていると所有する機材も自ずと増えてしまい

               

              置き場所に困る状態でもあります

               

               

              今どきのVJというか映像演出は照明も併用することが一般的になりつつある印象です

               

              フェスなどの広くて大きな現場では作業も分担制で映像に集中しなければなりませんが

               

              複合的な演出を出来るようになると今まで映像演出なんて入れなかった小さな現場でも

               

              仕事が増えてくるようになりました

               

              技術的には二人前でも作業は一人でできるってなれば

               

              クライアントの出費は減ってエンジニアのギャラは上がるっていう構造になります

               

              私の場合は照明を映像でコントロールする事で映像技術を軸にしたシステムを構築しているので

               

              得意な技術が活用できて有難い時代になりました

               

               

              DMXやシンセッターなど照明技術では初歩的なツールでも映像屋が使いこなせると

               

              急に複雑に利用できるって言うのも面白い相乗効果だと思います

               

               

              現状のシステムは

              Resolume Arena5

              マルチディスプレイでプロジェクターやLEDビジョンへ

              シンセッターでソフトをコントロール

              DMXoutで照明をコントロール

              フルHDキャプチャー

               

              ざっくりこんな感じです Arena5のメディアサーバー機能をフル活用といった感じです

               

              クラブ演出ではサウンドアクティブ要素とBPMシンク要素がダイナミックな演出を可能にしてくれるので

               

              とても頼りになるシステムです

               

              ライブ演出などは照明の切り替えを重視したいのでシンセッターがいい仕事をしてくれます

               

              PV撮影や動画撮影などの現場でもコンパクトなスペースで作業ができるので喜ばれます

               

              ライブカメラなどの演出が必要な時もフルHDキャプチャーがあるので高画質で利用できます

               

              Resolumeを利用する上で最大のメリットは専用コーデックDXVが優秀であることです

               

              CPUへの負荷がとても小さく安心感のある運転を可能にしてくれます

               

              仕込みは面倒ですが絶えず不安を感じて運転するよりも遥かに気楽です

               

               

              こんな感じの重装備に見えますが決してモンスターPCを利用しているのではなく

               

              三世代ほど前のグラフィック重視のノートPCでやれてしまうってのも魅力だと思います

               

              あとはアイデアと外部で利用するハードウェアの性能で大きく変わります

               

               

              でわ。

              | - | 18:06 | comments(0) | - | - | - |
              14年だって!?
              0
                お久しぶりでございます

                VJ Tobock元気なうです

                もう二年ぶりでしょうか、ブログサボってました

                この二年で、VJ Tobockから プロデューサー Tobock 略してTobock-Pに進化しました!

                簡単にいうと 映像演出※いわゆるVJ がイベント以外にもオファーが増えて色々やるようになったからプロデューサーのポジションで楽してやろうって事です

                あんな事やこんな事、ひょっとしたらあなたの街のあんなとこに Tobockのモニュメントがwなんてね

                今現在は、現場オペレーター、現場設営、映像製作、営業を組織で動かしています
                所有機材も年々増えて倉庫代わりの事務所を抱えて
                機材レンタルも多々扱っています

                プロジェクションマッピング全盛の今はプロジェクターを鬼のように使用するセットアップが多いので機材は増えてしまいます
                一昔前のようなビデオミキサーやDVDプレーヤーなどは利用しなくなり PC&プロジェクターという一見シンプルセットですが設営に時間を掛ける大掛かりな時代になっています

                VJをやり始めた頃と比べるとギャラも大幅に増えて嬉しい限りですが、それ以上に大変なので組織で動くようになったのだと思います


                ゆーても、盟友ジンブラ氏と出会って 14年ですよ
                VJやり出して14年ということでもあります

                まさかね、VJでここまでやってるとは思っとりませんでしたよ


                忙しいので次回 書き込み未定です
                | - | 03:01 | comments(0) | - | - | - |
                当ブログネームを一新
                0
                   またまた 久々の更新

                  ハンパ無く 忙しい日々

                  12月になって これまた一段と忙しい


                  色々と環境も変わった

                  新しい事務所を手に入れた

                  まさに一年ぶりの個人事務所

                  たった一年


                  色々ありすぎるわぁ~


                  長かったぁぁぁぁぁ


                  今年の2月から始めた配信番組も順調

                  そんでもって代表を務める会社も順調

                  さらにイベント仕事も順調


                  山あり谷あり いいことばっかじゃないけど


                  一年前のどん底から比べたら

                  別次元の世界にいる気がする



                  今日も明日も忙しい

                  でもイヤじゃないだなぁ
                  | - | 01:23 | comments(0) | - | - | - |
                  一眼でムービーを撮る時代のようだ
                  0
                     お久しぶりです

                    VJトゥボックです


                    毎月20本程度のイベントをこなしている日々でありまして忙しいありさまです

                    数年前にデジタル一眼が登場してムービーまで撮れるなんて言ってるから当初期待していたのだが撮影の最大時間が12分だとかいうから正直スルーしていた

                    ある配信サイトでは公開中なのだが、情報番組をVJトゥボックが撮影編集してたりするわけ
                    その撮影にはデジタル一眼レフを利用している

                    手軽にスナップ写真が撮れるEOS kiss x4 である

                    写真の利用よりもムービー利用に大変活躍してる!

                    とにかくすごいカメラである

                    レンズも交換できて音声の入力だって出来る さらにムービー用機材も何気に充実してる
                    相変わらず撮影の最大時間は4GB(30分)という制限はあるけど今はそれで十分である

                    コンデンサーマイクを外付けしてさらにハンディマイクで音声フォロー、バッテリーグリップで電池増やしてLEDで照明フォローして、スタビライザーで手ぶれ補正して・・・

                    とてつもなくすごいのだ

                    2年位前にHD録画のビデオカメラで配信してたけど興奮度というか楽しさが桁違いである

                    すごいわぁ
                    | - | 00:53 | comments(0) | - | - | - |
                    camera
                    0
                       お久しぶりです

                      トゥボック元気です

                      実は、約13年前から写真業界に携わっている事もあってプロカメラマンの一面も持っているトゥボックなんです

                      で、ずっと写真ばかりでビデオってのは気にせず生きてきたわけ

                      最近デジタル一眼レフを買い換えたらなんとも贅沢な動画機能が備わっている事に驚いた

                      当然の事ながら普通のビデオカメラの方が圧倒的に使い勝手が良いのだが使い慣れた一眼レフで高画質な動画を面倒でも撮影している事に数年ぶりとも言える興奮を感じてしまったわけだ

                      あるプロジェクトで定期的にネット配信番組を製作しているのだがその撮影機材に投入してみたらやはり想像以上にうまくいかなくてどうしたら良いのか迷っていた
                      TV局の友人にアドバイスを聞いたら、それはそれは自分の大勘違いっぷりに赤面してしまうほどだった

                      さっそく始めたのが音の問題
                      カメラ内蔵マイクは絶対にダメなので手持ちマイクを直挿ししていたのだがH4nってヤツでハンディマイクとマイクロフォンでミックスしてマイクへ入力する形へパワーアップ

                      さらに撮影時の手振れの問題
                      三脚や一脚、又は肘を台に乗せたりブレを防ぐ方法は沢山あるのだがビデオだけに動きが無いわけ
                      しかも動画撮影時はマニュアルフォーカスだからピント合わせは手動になるのだ。。。一般的に一眼レフで動画を撮影する場合は明るい単焦点で広角レンズを利用する事が多いようである
                      確かに単焦点なら明るいしズームも無いからピント合わせに専念出来る さらに広角ならばブレも分かりにくいわけだ
                      でも高額なのだ

                      そこでスタビライザーと呼ばれるステディカムの簡易版を導入した
                      やじろべえの構造で縦ブレがかなり抑えられる代物なのだ
                      スタビライザーでブレを抑えていればかなり動き回れるし片手が空くからピントも気に出来るわけ!

                      ズームこそ固定に近いけど写真と違ってシャッターを切る作業は最初と最後だけなのでカメラ持って移動すればズームみたいなモンなのだ


                      一眼レフでフルHD撮影をすると本当にキレイ
                      しかも高音質で音も収録
                      余裕があれば明るい単焦点レンズを導入して暗いところでも明るく撮れたりボケをさらに活かした表現なんかもしてみたい


                      問題は選択できる動画データがやたら重い
                      一瞬でメモリーカードが満タンになってしまう。。。
                      | - | 03:14 | comments(0) | - | - | - |