SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

クリエイターからクリエイティブへのステップ

時代はプロジェクションマッピングへ
<< モバイル | main | 一眼でムービーを撮る時代のようだ >>
camera
0
     お久しぶりです

    トゥボック元気です

    実は、約13年前から写真業界に携わっている事もあってプロカメラマンの一面も持っているトゥボックなんです

    で、ずっと写真ばかりでビデオってのは気にせず生きてきたわけ

    最近デジタル一眼レフを買い換えたらなんとも贅沢な動画機能が備わっている事に驚いた

    当然の事ながら普通のビデオカメラの方が圧倒的に使い勝手が良いのだが使い慣れた一眼レフで高画質な動画を面倒でも撮影している事に数年ぶりとも言える興奮を感じてしまったわけだ

    あるプロジェクトで定期的にネット配信番組を製作しているのだがその撮影機材に投入してみたらやはり想像以上にうまくいかなくてどうしたら良いのか迷っていた
    TV局の友人にアドバイスを聞いたら、それはそれは自分の大勘違いっぷりに赤面してしまうほどだった

    さっそく始めたのが音の問題
    カメラ内蔵マイクは絶対にダメなので手持ちマイクを直挿ししていたのだがH4nってヤツでハンディマイクとマイクロフォンでミックスしてマイクへ入力する形へパワーアップ

    さらに撮影時の手振れの問題
    三脚や一脚、又は肘を台に乗せたりブレを防ぐ方法は沢山あるのだがビデオだけに動きが無いわけ
    しかも動画撮影時はマニュアルフォーカスだからピント合わせは手動になるのだ。。。一般的に一眼レフで動画を撮影する場合は明るい単焦点で広角レンズを利用する事が多いようである
    確かに単焦点なら明るいしズームも無いからピント合わせに専念出来る さらに広角ならばブレも分かりにくいわけだ
    でも高額なのだ

    そこでスタビライザーと呼ばれるステディカムの簡易版を導入した
    やじろべえの構造で縦ブレがかなり抑えられる代物なのだ
    スタビライザーでブレを抑えていればかなり動き回れるし片手が空くからピントも気に出来るわけ!

    ズームこそ固定に近いけど写真と違ってシャッターを切る作業は最初と最後だけなのでカメラ持って移動すればズームみたいなモンなのだ


    一眼レフでフルHD撮影をすると本当にキレイ
    しかも高音質で音も収録
    余裕があれば明るい単焦点レンズを導入して暗いところでも明るく撮れたりボケをさらに活かした表現なんかもしてみたい


    問題は選択できる動画データがやたら重い
    一瞬でメモリーカードが満タンになってしまう。。。
    | - | 03:14 | comments(0) | - | - | - |