SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

クリエイターからクリエイティブへのステップ

時代はプロジェクションマッピングへ
<< もう何年もたつ | main | ターニングな時 >>
どーもーー
0

    トゥボックです

     

     

    さてさて、ここ数か月照明機材含め多数の機材を購入しておりました

     

    LED照明など灯体を30体

    大型プロジェクター5台

    演出用高出力レーザー2台

    LEDビジョン

     

    など 猛烈な勢いで海外から到着いたしました

     

    そもそも自分の環境でどこまで可能なのか実験目的だったのですが可能性が広がった瞬間に次から次へと購入しておりました

    数年前からレギュラーでやらせて頂いている箱もあるので実践で試せるのは恵まれた環境です 関係者皆様に感謝いたします
    今年度は随分ノンキなものです
    一年前とは比べ物にならないほど自由に過ごせる時間が増えました
    引き受けてしまえば忙しくなってしまうかもしれませんが 欲張らずにゆっくりとブラッシュアップに勤しんでおります
    照明機材を買う理由の中に仕事の大半が映像仕事ではなく照明仕事であるというのもあります
    トゥボックが映像屋さんだと知っている人は今は少ないようです(笑)
    さて、愛用しているResolumeArenaも間もなく6が登場です
    Beta版をさっそく触りましたが、4→5へのバージョンアップとは全く別の進化です
    4は VJ要素とメディアサーバーとして特にWindowsユーザーへ唯一無二の存在でした
    5は DMX出力の追加とマッピング機能の強化そしてVJシステムの軽量化が数段階アップしていました
    そして6は モーショングラフィックスの自動生成とGUIの大幅なパワーアップなどなど
    正直言うと玄人寄りに進化した印象です
    元々誰でも扱えるカジュアルなソフトウェアではないのですが、さらに遠くへ行ってしまった感じです
    4で映像演出の可能性に気が付いて5で照明演出を理解してきた人には
    6の高機能性は楽しい時間を感じさせてくれることだと思います
    | - | 00:54 | comments(0) | - | - | - |